美容外科の医師求人情報を利用して転職しました

独立を視野に入れた美容外科への転職

国立大学の医学部を卒業して、通学していた県の県立病院に研修医として配属され、そのまま医師として働くことになりました。
大学の時に奨学金を利用していたこともあり、その借り入れ条件として卒業してから指定された病院で働くという義務があったからです。
一定期間、働けば、奨学金の返済が免除されるので、指定された病院で働いていましたが、福利厚生や待遇について大きな不満をもっていました。
同じ医学部の同期生と話をしていても、給料が比べ物にならないほど安いだけでなく、夜勤などがかなり多いことに不満がありました。
県立の総合病院は、救急指定病院でもあったので、24時間常に患者を受け入れなければなりません。
そのため医師も常に待機をしていなければならないので、1週間に2回は夜勤勤務をしなければならない状態でした。
ベテラン医師などは夜勤が免除されているので、必然的に若い医師ばかりが夜勤をしなければならないのに、手当も十分ではないので転職をしたいと考えるようになりました。
現在は皮膚科で働いていますが、以前から美容外科で働きたいという希望をもっていました。
しかし開業するための資金はまだありませんし、今のところは勤務医として働き、経験や実績を積みたいと考えていました。

独立を視野に入れた美容外科への転職 | スキルアップのための転職はサイトを利用して | 研修プログラムも充実の美容外科クリニックへ転職